JTAインターンシップ

ニュース&トピックス

  トラック運送業界では若手ドライバーが減少し、ドライバーの高齢化が進んでおり、 将来的に深刻なドライバー不足に陥ることが懸念されています。
  トラック運送業界では、将来を担う若手人材を確保するために、効果的に新卒者を 採用する必要があります。そこで、学生(高校、専門学校、大学等)を 「インターンシップ」により早期から物流現場へ受入れし、当業界への理解及び イメージアップを図ることで、将来的な人材確保対策を効果的に実施します。
  インターンシップにより学生を受入れ可能な会員事業者の皆様におかれましては、 インターンシップの関連情報をご入力いただければ、当協会は当該情報を広く公開し、 高等学校等にも周知していく予定です。インターンシップを実施する予定の会員事業者の皆様におかれましては、是非情報を入力していただけますようお願い申し上げます。

  インターンシップ応募の流れについて、「高校生」については、学校から直接トラック運送事業者様宛てに申込の連絡が行くことになります。 専門学校生、短大生、大学生については、学校または学生本人から直接トラック運送事業者様宛てに申込の連絡が行くことになります。